飛来物から家を守る台風対策シャッター
台風の傾向
  • 台風の傾向

    年間平均3個が上陸し深刻な被害を与えている

    年間平均3個が上陸し深刻な被害を与えている

    台風は、北西太平洋に存在する熱帯低気圧のうち、低気圧域内の最大風速がおよそ毎秒17メートル以上のものを指します。1年間に平均して約25個発生し、そのうち約12個が日本に接近、約3個ほどが上陸(※)しています。
    ※「上陸」は、台風の中心が北海道、本州、四国、九州の海岸に達した場合を指します。

  • 月別の台風発生・接近・上陸の平均
  • 台風の代表的経路
  • 毎年7月から10月が最も多い

    毎年7月から10月が最も多い

    特に7月~10月にかけて接近・上陸する数が多くなる傾向があります。台風の暴風や大雨は、風災や水災、土砂災害といった深刻な被害を与えます。

最近の台風は何故被害が大きい?

最近の台風は何故被害が大きい?

気温が上昇し海水温の上昇で台風は活発化&速度が遅くなる傾向がある

気温が上昇し海水温の上昇で台風は活発化&速度が遅くなる傾向がある

  • IPCC(気候変動に関する政府間パネル)によると、地球温暖化による気温の上昇により、過去100年で19㎝も海面水位が上昇し、近年その上昇傾向が加速しているといわれています。

    日本でも、平均気温が1898年の統計開始以降、様々な変動を繰り返しながら上昇しており、長期的には100年あたり1.24℃の割合で上昇しています。特に1990年代以降、高温となる年が頻出しており、農作物の不作や熱中症患者の増加などにも影響が出ています。

    出典 全国地球温暖化
    防止活動推進センター:

    IPCC第5次評価報告書特設ページ

    出典 気象庁:

    日本の平均気温
  • 日本の平均気温偏差
  • 水蒸気
  • 海水温が高いと多くの水蒸気が上空へ

    海水温が高いと多くの水蒸気が上空へ

    熱帯から亜熱帯海域の暖かい海上(海面水温が26.5℃以上)で、台風は発生し、台風の眼の壁雲は上昇流が強く、台風中心へ向けて運ばれた水蒸気の多くは、ここで上空へ運ばれることとなります。
    海面水温が高いほど大気中に含まれる水蒸気の量は多くなり、より多くの水蒸気が上空へ運ばれるため、台風の勢力はより強くなると考えられています。

    出典 気象庁:

    台風と海水温の関係
年々増加する台風による被害

年々増加する台風による被害

台風による風害による被害の事例

平均⾵速15〜20m/sの⾵が吹くと、歩⾏者が転倒したり、⾼速道路での⾞の運転に⽀障が出始め、 更に強くなると建物の損壊、農作物の被害、交通障害など社会に甚⼤な被害をもたらします。 また、⾵で⾶ばされてきたもので電線が切れて停電したり、最⼤⾵速が40m/sを超えると電柱が倒れたりすることがあります。 さらに、台⾵の周辺では、暖かい空気が流れ込み⼤気の状態が不安定となり、活発な積乱雲が発⽣して⻯巻等の激しい突⾵を伴うこともあります。

  • 平成16年の台⾵第18号

    平成16年9⽉7⽇午前に⻑崎県に上陸した台⾵は、九州北部を縦断した後に加速しながら⽇本海を北東に進み、 暴⾵域を伴ったまま8⽇朝には北海道の⻄海上を北上しました。 この台⾵により、全国的に20m/s以上の⾮常に強い⾵が吹き、北海道では半数を超える気象官署で最⼤瞬間⾵速の極値を更新しました。

    この台⾵による被害は、 ⻄⽇本、北海道を中⼼に死者・⾏⽅不明者46⼈、負傷者1,399⼈、住家の損壊64,993棟、住家の浸⽔21,086棟に達しました。

  • 台風18号
  • 台風4号
  • 平成19年の台⾵第4号
    (沖縄県那覇市)

    平成19年台⾵第4号は、7⽉13⽇昼前から昼過ぎにかけて、⾮常に強い勢⼒で沖縄本島にかなり接近し、⻄海上を通過しました。
    この台⾵の影響で沖縄本島地⽅では⾵速25m/s以上の暴⾵域に⼊り、那覇市では
    最⼤⾵速33.1m/s、最⼤瞬間⾵速56.3m/sを観測 しました。
    死者の多くは強⾵によるもので、台⾵の接近中に屋根に上っていて⾶ばされて転落したり、⾶んできた⽡が当たったりするなど屋外での作業中に被害に遭う⽅が続出しました。

もっと早く台⾵に対する備えを完了し、
強⾵時には屋外へ出ないでいれば被害に遭わなかったかもしれないと悔やまれます。

出典 気象庁:

暴風による災害

台⾵による暴⾵⾶来物
窓やガレージを破壊すると⼤きな被害に繋がります。

台風などの強風から窓シャッターで住まいを守ろう
今すぐできる強風や豪雨の対策は?

今すぐできる強風や豪雨の対策は?

台⾵や⼤⾬は、毎年⼤きな災害をもたらします。警報などの防災気象情報を利⽤して、被害を未然に防いだり、軽減することが可能です。災害への備えをもう⼀度確認しましょう。

  • 家の外の備え

    窓や⾬⼾はしっかりとカギをかけ、必要に応じて補強する。

    側溝や排⽔⼝は掃除して⽔はけを良くしておく。

    ⾵で⾶ばされそうな物は⾶ばないよう固定したり、家の中へ格納する。

  • 家の中の備え

    シャッターや⾬⼾があれば、最後まで閉め、シャッターや⾬⼾が無ければ⾶散防⽌フィルムを窓ガラスに貼る。

    断⽔に備えて飲料⽔を確保するほか、浴槽に⽔を張るなどして⽣活⽤⽔を確保する。

    ⾮常⽤品の確認。(懐中電灯、携帯⽤ラジオ、乾電池、救急薬品、⾐類、⾮常⽤⾷品、携帯ボンベ式コンロ、貴重品など)

家族

「暴風」「飛来物」から家の窓を守ろう!

暴⾵対策や⾶来物対策には、窓に耐風圧性能を備えた窓シャッターを付ける事で被害を最⼩化に抑えることが出来ます。

暴風をシャッターで家を守ろう

耐風圧性能を備えた窓シャッターは「強⾵」による⾵圧や「⾶来物」によるガラスの⾶散を防ぐことが出来る優れたシャッターです。
窓シャッターは取り付けが可能な場所と、取り付けることが難しい場所があります。
お家のどの窓に窓シャッターを取り付けることが出来るのかを確認しておきましょう。

窓シャッターのおすすめ
  • 強風・飛来物対策に最適な窓シャッター

    • マドマスタータップ2
    • マドマスタータップ2 マドマスタータップ2

    台風などの強風が発生しても強風対策試験をクリアした窓シャッターなら飛来物などの衝撃を防ぐのにもバッチリ!安心して過ごせます。

施工までの流れ

施工までの流れ

各種シャッターのご購入の際は、一度現地にて担当者がサイズ・設置条件を確認する必要があります。

  • 現地調査依頼

  • ・本ページより現地調査依頼を申し込みます。
    (本製品は一度設置場所を確認し、調査をする必要があります。)

矢印
  • 現地調査の日程調整

  • ・現地調査の日程調整を行います。

矢印
  • 現地調査・お見積り

  • ・現地調査を行い、設置が可能なのか、施工が必要か
     サイズの規格等調査・確認を行います。
    ・可能な場合はお見積りをお出しいたします。
    (施工が必要な場合は施工の費用の追加・施行日のご相談をいたします。)

矢印
  • お支払い

  • ・お見積りの内容をご確認いただき、ご入金ください。

矢印
  • 商品の施工

  • ・商品を施工いたします。

矢印
  • 引き渡し

  • ・ご確認いただき、引き渡しとなります。

対応地域

対応地域

全国どこでも出張対応 全国どこでも出張対応

※秋田県については文化シヤッター秋田販売㈱、沖縄県については沖縄文化シヤッター㈱のスタッフが現地調査等を対応させていただきますので予めご了承ください。

現地調査・見積依頼フォーム

質問1お問合せの内容を選択してください。

必須お問合せ内容を選択してください。

質問2お名前・ふりがなの入力

必須お名前・ふりがなを入力してください。

質問3現地調査をする住所の入力

必須現地調査をする郵便番号を入力後、住所を入力してください。

-

※番地を必ず入力してください

質問4現地調査住所と現住所が違う方はこちらをクリックしてください

必須現在お住まいの郵便番号を入力後、住所を入力してください。

-

※番地を必ず入力してください

質問5電話番号・メールアドレスの入力

必須電話番号、メールアドレスを入力してください。

ハイフン(-)を付けて入力してください。


メールアドレスはこちらからの連絡に必要ですので、必ずご使用になられているメールアドレスを入力してください。

ミス防止の為もう一度ご入力ください。
※Gmailなどフリーメールの場合自動返信や当社からのご返答が「迷惑メール」に入る場合がございます。送信後にメールが届かないなどがございましたら「迷惑メール」ボックスをご確認ください。

質問6連絡方法・時間帯の選択

必須連絡方法を選択してください。

必須連絡の取れる時間帯を選択してください。

質問7ご希望の商品種別・その他ご要望の入力

必須ご希望の商品種別を選択してください。

必須※1000文字以内でご入力ください。

個人情報保護方針

個人情報保護方針

文化シヤッター株式会社(以下、弊社といいます)は、弊社の業務を円滑に行うため、お客様の氏名、住所、電話番号、Eメールアドレス等の情報を取得・利用させていただいております。弊社は、これらのお客様の個人情報(以下、「個人情報」といいます)の適正な保護を重大な責務と認識し、この責務を果たすために、次の方針のもとで個人情報を取り扱います。

  1. 法令等の遵守

    個人情報に適用される「個人情報の保護に関する法律」その他の関係法令を遵守するとともに、一般に公正妥当と認められる個人情報の取り扱いに関する慣行に準拠し、適切に取り扱います。また、適宜、取り扱いの改善に努めます。

  2. 個人情報の管理

    個人情報の取り扱いに関する規定を明確にし、教育訓練・啓蒙を行い従業者に周知徹底します。

  3. 個人情報の取得・利用

    個人情報の取得に際しては、利用目的を特定して通知または公表し、その利用目的に従って個人情報を取り扱います。個人情報の利用については、利用目的の範囲内で、事業遂行上必要な限りにおいて行います。

  4. 個人情報の共同利用

    個人情報を、弊社の子会社および関係会社と共同利用する場合は、その内容をあらかじめ通知または公表します

  5. 第三者への開示・提供

    次のいずれかに該当する場合を除き、個人情報を第三者へ開示または提供しません。ただし、業務を円滑に進めるため、業務の一部を委託する業務委託先に対して、必要な範囲で業務を委託する場合は、当該委託先に対して適切な監督を行います。

    1. お客さまご本人の同意がある場合
    2. 統計的なデータなど本人を識別することができない状態で開示・提供する場合
    3. 法令に基づき開示・提供を求められた場合
    4. 人の生命、身体または財産の保護のために必要な場合であって、お客さまの同意を得ることが困難である場合
    5. 公衆衛生の向上または児童の健全な育成の推進のために特に必要がある場合であって、本人の同意を得ることが困難であるとき
    6. 国の機関若しくは地方公共団体又はその委託を受けたものが法令で定める業務を遂行することに対して協力する必要がある場合であって、お客さまの同意を得ることにより当該事務の遂行に支障を及ぼすおそれがあるとき
  6. 個人情報の安全対策

    個人情報の漏えい、紛失、改ざん等を防止するため、必要な対策を講じて適切な管理を行います。

  7. 個人情報の開示、訂正等

    保有する個人情報について、お客様本人からの開示、訂正・削除・利用停止・消去の依頼がある場合、所定の窓口でお受けし、誠意を持って対応します。

  8. 個人情報に関する見直し

    個人情報における取り組みを必要に応じて見直し、改善いたします。

お客様個人情報の利用目的

文化シヤッター株式会社(以下、弊社といいます)は、事業遂行上必要となる個人情報を取得しますが、これらの個人情報は次の利用目的の範囲内で利用いたします。また、業務を円滑に進めるため、業務の一部を委託する業務委託先に対して、必要な範囲で業務を委託する場合は、当該委託先に対して適切な監督を行います。

  1. 弊社の取り扱うシャッター・住宅用建材・ビル用建材商品等(以下、弊社商品といいます)およびその事業に関連する販売、施工、修理、点検、アフターサービスの提供
  2. 弊社商品に関連する新商品・サービスのお知らせ
  3. 上記各種業務に関する品質・サービス向上のためのアンケート調査
  4. お客様からのお問い合わせに関する社内対応のための資料
  5. お客様からご請求いただいた弊社商品に関連する資料・情報の提供
  6. 弊社開催イベントやキャンペーン等への応募者に対する連絡・説明・資料・情報・サービスの提供

ただし、次のような場合には、利用目的の提示を省略させていただくことがあります。

  • 弊社営業担当との面談、名刺交換等により個人情報を提供いただく場合
  • 各種イベント、フェア、セミナー等において名刺等を頂戴する場合

これらの場合には、お客さまが拒否されたときを除いて、電子メールその他の手段による弊社商品・サービスの紹介や各種情報提供、ならびに対面営業を含むマーケティング活動のために利用させていただくことがあります。

お客様個人情報の共同利用について

文化シヤッター株式会社(以下、弊社といいます)は、弊社の業務を円滑に行うため、弊社の子会社および関係会社とお客様の個人情報(以下、「個人情報」といいます)を共同利用いたします。
弊社は、これらの共同利用先との間で取扱いに関する契約の締結をはじめ、適切な監督を行います。

  1. 共同利用する個人情報の範囲

    氏名、性別、生年月日、住所、電話番号、FAX番号、電子メールアドレス等に関する情報。

  2. 共同利用会社の範囲

    文化シヤッターサービス株式会社
    BX沖縄文化シヤッター株式会社

  3. 共同利用の目的

    別途定める「文化シヤッター株式会社 お客様個人情報の利用目的」の範囲とし、これを共同利用会社の共通の利用目的とします。

  4. 共同利用の管理責任会社

    文化シヤッター株式会社が当該共同利用の管理責任会社となります。
    これらの場合には、お客さまが拒否されたときを除いて、電子メールその他の手段による弊社商品・サービスの紹介や各種情報提供、ならびに対面営業を含むマーケティング活動のために利用させていただくことがあります。

お問い合わせ窓口

弊社の保有個人データに関する開示等のお申し出およびその他の個人情報に関するお問い合わせは、以下の方法にて受付ます。なお、この受付方法によらない開示等の求めには応じられない場合がありますのでご了承ください。

  1. 受付手続

    下記の窓口に直接お越しいただくか、下記の宛先に郵送にてお申し込みください。受付手続についての詳細は、お申し出いただいた際にご案内申しあげますが、下記の窓口にてご本人(または代理人)であることの確認をしたうえで、書面の交付その他の方法により回答します。なお、お申し出の際には、原則として弊社所定の申込書面をご提出いただきますのでご了承ください。

    1. ①受付窓口
      住所   : 〒113-8535 東京都文京区西片1丁目17-3
      部署名  : 文化シヤッター株式会社「お客様相談室」
      電話番号 : 03-5844-7111
      なお、受付時間は平日の午前9時から午後5時までとなります。
    2. ②ご本人または代理人の確認
      ご本人からお申し込みの場合は、ご本人であることを運転免許証・パスポート・健康保険の被保険者証・印鑑証明書(原本)、戸籍謄本(原本)、年金手帳、外国人登録証明書等の証明書類のうち2種類以上により確認させていただきます。代理人からお申し込みの場合は、上記本人確認資料の他、代理人であることを証明できる委任状・戸籍謄本(原本)・成年後見登記事項証明書のうちいずれか1種類および代理人ご本人であることを運転免許証・パスポート・健康保険の被保険者証・印鑑証明書(原本)、戸籍謄本(原本)、年金手帳、外国人登録証明書等の証明書類のうち2種類以上により確認させていただきます。
  2. 手数料、郵送料
    1. 窓口に直接お越しいただいた場合は、1件につき500円の手数料および返信送料(簡易書留) 430円の合計930円を現金、又は、郵便切手にてお支払いいただきます。
    2. 郵送によるお申し込みの場合は、1件につき500円の手数料および返信送料(簡易書留) 430円の合計930円分の郵便切手を同封し、予めお支払いいただきます。
  3. 個人情報の利用停止・消去

    弊社の保有個人データに関する開示等のお申し出に応じ、これらの情報の一部または全部を利用停止または消去した場合、不本意ながらご要望に沿ったサービスの提供ができなくなることがありますので、ご理解とご協力をお願い申し上げます。なお、関係法令に基づき保有しております情報については、利用停止または消去のお申し出には応じられない場合があります。

個人情報開示等申請書

私(もしくは代理人)が私の個人情報についての開示等を請求する場合

下記より申請書をダウンロードし必要事項をご記入の上、弊社個人情報開示等申請窓口に申請書を持参頂くか、ご郵送ください。申請に当たっては、本人確認資料を添付してください。 代理人による開示等申請の場合は別紙書類の提出をお願いします。

個人情報開示等申請書(PDF)

  1. (注)1. 本人確認資料は2種類以上の提出をお願いします。
  2. (注)2. 郵送による本人確認の場合には、本人確認資料のうち2種類以上
  3. (注)3. 委任状は当社所定の委任状をご提出ください。

*開示等の手数料について 個人情報の開示等にあたっては、1件につき500円の手数料および返信送料(簡易書留)430円の合計930円を現金又は郵便切手にて申し受けます。

*個人情報開示等のお求めのお申し出先
〒113-8535 東京都文京区西片1-17-3文化シヤッター株式会社「お客様相談室」
電話番号:03-5844-7111

個人情報保護方針に同意いただける方は下記「個人情報に同意する」にチェック入れ、 入力内容の確認へ進むをクリックしてください。

お問い合わせ頂きまして有難うございます。お問い合わせの内容により回答を差し上げるまで少々時間がかかる場合がございますので予めご了承ください。

このページはSSL暗号化通信対応です。このサイトでは、運営主体である株式会社文化シヤッターの実在性を証明するとともに、お客さまのプライバシー保護のためにSSL暗号化通信を行っています。